英会話学習で数値を目標にしない

歌手の松山千春氏は「幸福になるためには、金とか物とかの数字で数えられる物は追わない方が良い」と言います。人生において数値で勘定できるものを求めると空しいと言います。この松山氏の考えは英会話学習にも当てはまります。

科学的な学習方法として英語に数字を持ち込もうとする傾向が強いのですが、英会話学習に数字を持ち込むと道を誤る危険度が高くなりスポーツのようにはいきません。英語をやる人でTOEICのスコアを目標にする方が多くいます。英語のできる人がTOEICの評価は高くなる傾向にあるので自分の英語力を知る目的であればそのスコアを参考にしたり、励みにしたりするのは賛成です。しかしTOEICの点数を上げることを目的で英語を勉強すると危険です。もしTOEICの点数を上げるならTOEICの傾向と対策をして直接的な勉強する方がずっと効果的です。

しかもTOEICのスコアは英語の一面を表現してるに過ぎません。英語のできる人は検定テストの評価は高くなりますが、その点数が高いからと言って必ずしも英語ができる人とは限りません。私も英会話において発音は最も重要な要素であると思いますが、英語の評価試験や入学試験のためであるなら、発音練習はあまり勧めません。なぜなら英語試験の数字を上げるためならその目的のためのハウツー本で勉強する方がずっと効果的だからです。

我々の日本語においても語彙数で言えば知っている人と、知らない人は何倍もの差があると思います。しかし、日本語のレベルを判定する試験はありません。評価する試験がないから困る事はありません。話したり、聞いたりすれば自分も他人も分る事です。日本語力においてはネイティブ間の方が力の差は非常に大きいのです。英語でも第二言語としても学習者間よりは英語ネイティブ間の差の方が大きいのです。そのわずかな差を知ってもあまり意味がありません。事実、TOEICで満点がとれたからと言っても英語のプロと言えるものではありません。

英語学習者のブログで音読を何時間したとか、ペーパーバックを何ページ読んだとか、シャドーイングを何時間したとか、覚えた語彙数は幾つだとか書き始めると数字が増えるのが楽しくなってしまうと、発音を良くするとか、繊細な音を聞き取るのを忘れてしまう恐れがあります。しかし人間の記憶はこのような単純な回数をこなすことで覚えられるものではありません。嬉しい事や怖かった事は1回でもずっと覚えていることで分かると思います。

インターネットでは良くアクセス数を競う場合がありますが広告収入を当てにしないのであればあまり意味がありません。インターネットで無料で情報を提供する最大の目的は役に立ちたいとの思いが強いはずです。サイトへのアクセス数を競うと増やす直接的な手立てを考えてしまいます多くの人に役立ちたい気持ちが多くの人に向ってしまい、本当に役に立つかどうかがおろそかになる場合があります。アクセス数が多いから必ずしも良いサイトとは限りません。英会話学習の英語学習では自業自得ですから道を踏み外してもあまり迷惑にはなりません。

私が問題にしたいのは数字に踊るとあまり効果が期待できない事です。英語の発音では聞いた音を同じように再現する事が本来の目的です。しかし発音練習において何回も繰り返したり、何時間も音読することは必ずしも良い発音なることにつながりません。ブログなどをたくさん読むと中には数字を上がっているのを楽しんでいる人がいます。そうなると発音が良くなるよりは数字の加算に喜びを感じるようになってしまわないかと心配になります。

英語の学習においても、次のような数字には踊らないようにした方が賢明だと思います。これらの数字はすべて科学的根拠はありません。これぐらいたくさんやれば良いだろうと言うくらいの数字を並べているだけです。

まずは100万文章・50万文章を読むのを目指そう。
80回音読を繰り返せ。
好きな歌を300回繰り返せ。
とりあえず5000語を覚えよう。
1年間に1000時間英語を聞こう。
100万語多読法。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved