英会話学習で効果的なアプローチはある

どのような教材でもまったく何も努力しないよりはましだと言えます。でもいろいろな英会話教育方法が存在しますが効率的な教材を選びたいのが誰しもの望みです。その判断の基準としてその教材や手法が科学的であるかどうかのは大事な判断の基準になります。例えば英会話を幼児のように学ぶと言うのは臨界期の存在はすでに否定できない事実なので避けるべきだと思います。それでは言葉を大人は効率よく学習できないのでしょうか。そんなことはありません。幼児と大人が言語学習の競争をすれば大人が圧勝するに違いありません。

大人は今まで生きてきた経験がありそれを最大の武器とできるからです。最高の武器とは確立された母国語の日本語であり日本語使って関連付けて考えられる能力です。大人が言語を学習する場合は大人の武器を有効的に使える科学的な英語学習方法を選ぶべきだと思います。

この点から考えるとディレクト・メソッドとか英語漬けのような英語学習方法は科学的な効率の良方法ではありません。泳げない人を水の中に放り込めば泳ぎを覚えるかもしれません。だからと言ってスイミング教室では泳ぎをこのような教え方をしません。手順を踏んで言葉で十分な説明して教えていきます。それなのに英語や英会話では泳げない人を水の中に放むような方法とか、只管に長く泳ぐ事を進める学校や教材が多いのです。

言語は異文化交流とも密接な関係がありますので異文化に触れたら、異人に接したら言葉が覚えられるような気がするのですが、それは幻想に過ぎません。言葉を覚えれば異文化交流が可能になると言うのが納得のいく考え方です。自分の知識や思考や意思が大人の武器なのですから自分の英会話学習法選択に当たってはそれらが生かせるベストの方法を選ぶべきです。英会話の勉強を始める前に数ヶ月かけても自分が納得できる学習方法を探す事は非常に大事です。

それはただ単にモデル発音の真似ではなくより思考を使った学習をするためには自分が十分に納得できる方法でなければならなりません。正しい方法を選ぶことにより英会話をマスターするのに大幅な時間の短縮が可能です。人間の言葉を話す能力が研究されればされるほど、途方もなく高度な情報プロセスである事が判明してきました。しかし多くのサイトや文献を精読してまた自分の経験から照らし合わせてみれば英会話習得のための正しい科学的なアプローチは判断できると思います。

科学的にと言うことは方向性を科学的に見出すことで、科学的に計ると言う事ではありません。人間のもつ視覚、味覚、聴覚、触覚は非常に優れており、どのような科学的に手法を使っても代用できるものではありません。料理を作るときに科学的な分析をすることにより、おいしい料理方法が見つかるかも知れませんが、しかし味付けの判断は舌でしかできません。これは機材に任せる事はできません。

野球評論家の豊田泰光氏は硬式野球は五感のスポーツだと確信すると言っています。そして野球など音が無ければちょっと手のこんだすごろくと言う程度の競技だとさえ言っています。スポーツにおいても人間の聴覚は大事で、野球の楽しみはデータ野球よりも音野球の方が重要性は高いのかもしれません。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved