晴山陽一氏の究極英語学習法の誤り
晴山陽一氏は多くの英語本を研究した結果次の方法が究極の勉強方法であり、このような学習方法はあり得ると言っております。

晴山氏は究極の英語勉強方法に関して次ぎのように言っております。

(英語本研究の)第2の目的は、これら先人の労作から英語学習のヒントを拾い集め、「究極の英語学習法」とは何かを探り当てていくことであった。今回は、そのようにして見えてきた「究極の英語学習法」をテーマに書くことにしたい。

前回の末尾で、松本亨の「英語で考える」と國弘正雄氏の「只管朗読」という2大テーゼを結びつけたところに、「究極の英語学習法」が見えてくる、という予告を行なった。

ちょっと復習すると、松本亨著『英語で考える本』(1968年)は、日本人の英語学習の究極目標は文字通り「英語で考える」ことであるという松本の信念に基づき、いかにすれば「英語で考える」ことが可能になるかを縷々述べた本である。

一方、國弘正雄著『英語の話しかた』(1970年)は、世に「只管朗読」という言葉を広めたことで有名である。「只管朗読」とは、ひたすら音読を続けるという学習法で、國弘氏はこの方法を中学校の英語教師に勧められ、教科書の各レッスンを500回から1000回も愚直に音読したという。

さて、私の探求の結果は、きわめて明快だ。
もしも「英語で考える」ことと「ひたすら音読する」ことが、英語学習の双璧だとすれば、この両者を掛け合わせたらどのような学習法が考えられるだろう、と思ったのである。
《英語で考える+音読》
そんな学習法が、本当に可能なのだろうか。私は可能だと思う。
覚えている単語、暗記済みの数字を、ただ英語で言えばいい

たとえば、英語で九九を言ってみよう。テキストはいらない。頭をフル回転させれば、言うべきことは自然に湧き上がってくる。それをすかさず口に出して言うのである。これは、テキストに書かれた文字の音読ではない。「頭の中に書かれたテキスト」の音読である。さっそく「一の段」から、やってみよう。あえてテキストを文字にすると次のようになる。

1 times 1 is 1.・・・・ 1 times 9 is 9. 1 times 10 is 10.

これを、二の段、三の段と進めて行って、最後の九の段まで口に出して言ってみてほしい。最初は慣れないのでつっかえつっかえかもしれないが、次第に慣れてスラスラ言えるようになるだろう。やってみるとわかるが、だんだん頭の中がカッカしてくる。これは、英語を使った頭のマッサージである。頭がぼんやりした時のリフレッシュ用にも使える。

この《英語で考える+音読》エキササイズには、いろいろなバリエーションが考えられる。将来、それらを集大成した本を作りたいと思っている。

ここでは、いくつかのバリエーションをご紹介することにしよう。素材には「1週間の7つの曜日」を用いることにする。一応テキストをお見せするが、すべて頭の中に入っている知識なので、2度目からは、目をつぶっても言えるはず。ということは、通勤途中でも、ちょっとした空き時間でも、風呂やトイレの中でもベッドの中でも反復復習できる。

こうして英語で考え、英語を口に出す回路が少しずつ強化され、次第に英語を話すのが苦でなくなってくる。國弘氏にあやかって言うなら、愚直な練習を繰り返した者が、最も深く英語を体にしみ込ませ、最後には自由自在の応用力を身につけることができるのである。

この晴山氏の学習方法はとても究極な学習には程遠いものである。それは基本的な考えが間違っているからであです。記憶のプロセスと思考言語において大きな誤りをしております。

晴山氏は脳を筋肉のような物と捉えており、その結果英語学習者が苦痛を感じるような負荷を与えれば、英語を覚えると勘違いしています。英語で考え、英語を口に出す回路が少しずつ強化され、次第に英語を話すのが苦でなくなる事はないのです。

英語で考えると言う事ができるはずもありません。元日産のゴーン氏が多言語を話し、何語で考えているかの問いに「考えるのは目に見えないキャスパーのようなもので、言語はそのキャスパーに着せる衣類のようなものだ。」と言っています。人間は思考言語で考えております。我々日本人が全ての日本語を理解できないのは、思考言語で考えている証拠です。
HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved