英語が話せない理由とは
英語を話したい、だけど話せない、その理由は単純明快でその音を覚えていないだけです。覚えれば話す事が可能です。聞き流す流すだけで英語が話せる訳はありません。

英語が話せないのは発音の問題でも、話す機会がないからでも、明確な目標がなりからでも、日本語が英語と違う言語であるからでもありません。特に日本人は語学習が下手でもありません。

話せないのは覚えていないから

単に覚えてないから話せないだけの事です。そして歩くとか他の運動のように、あまり意識しないでできるような自動化された記憶が必要になります。

教材販売の会社はあたかも覚えなくも英語が話せると言ってどんどん教材を売りつけます。出版社も本を買ってもらえるなら、購入者が英語が話せなくても商売は成り立ちます。私は戦後から40年間多くの英語の本や教材を見て、その何冊かを購入しました。未だに英会話学習の究極的に解決となる方法は紹介されておりません。

現在新聞やテレビで多くの英語表現を収録したCDを販売しております。そのような教材は数十年前からリンガフォンが販売しております。昔のレコードがカセットやCDに変わりましたが、そのような多くの英語表現が英語とその音声が揃っていれば英語が話せるようになるものでありません。

出版会社にすれば次から次へと著者を変え、英語本を出せばそれなりに売れ商売が成り立つのですから、本当に良い方法は意図的に販売しない方が出版社には良いのかも知れません。

過去10年以上に渡り、英語脳、英語耳、英語舌、英語喉、英語口等の英語本が販売されましたが全てが非科学的な教材であります。仮に英語脳、英語耳、英語舌、英語喉、英語口を訓練する必要があるなら、人類は永遠に第二言語を習得するのは無理です。日本人はもっと簡単に日本語を話し、英国人も米国人も同じ事です。

過去40年間に英語を話すなら覚えなさいと言った本を見た事ありません。出版社はそのような本を売りません。その理由はそのような本は売れないからです。正しい事を言っても学習者の嫌がる内容では売れないのです。

私はスカイプを使い多くの海外在住日本人に英語を教えております。その方達は全員が英語文化圏で住むだけでは英語を覚えう事はできないと言います。私も若い頃に米国に留学しましたが、生活しているだけでは英語を話す事はできません。

英語文化圏在住者の方は「英語は結局は覚えるしかない。」と口を揃えて言います。

英語を覚える場合も連続的に自然に音を変化させる、音のストリームで覚える事により、加速度的に記憶が増えていきます。子供も3才から5才くらいになると加速度的に言葉を覚えます。それは言葉をどんどん覚えることにより、パターン学習が進んだからです。

これは子供だけの持つ能力でなく、ニューラル・ネットワークの脳が持つ能力です。正しい学習をすれば大人でも加速度的に覚える事は可能です。日本語のように、短い易しい表現からだんだん長い難しい表現を覚えていく事です。

この方法で英語表現を覚えれば、200時間くらいの学習で数千の英語表現を覚えられ、かなりの英語を話す事が可能です。
HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved