英語で話すなら日本語を英語に訳さない

同質のものを大量に練習するためには英会話であればどうしても発音の反復練習が必要になります。基本的な英語の表現をあまり意識しないで発音できるように練習することです。そして主語がどうで述語がどうでとか文章を文法的は「素」分解しないことです。ある表現がどのような意味があるかを知る必要がありますが英会話においてその文法的な組成を知る必要はありません。中学や高校で覚えた英文法で十分です。

そして最初は自分で英文を作らない事です。英会話を勉強している人が話しながら文章を組み立てている人が多くいますが十分な発音もできない状態で話しながら文章を作るのは無理なことです。我々が日本語を話すときでさえ自分が思い浮かぶ表現を使っているのであり主語がどうで述語がどうだと組み立てているのではありません。日本語でも言いたい事を言っているので無く覚えている範囲で話しているのです。日本語の文章を書いたとしても自分のオリジナルの創作的表現は非常に少ないのです。ましてや外国語を発音しながら作るのはとても無理な事です。覚えた英語を思い出す事くらいしか出来ないはずです。どうしても英語が思い浮かばないばあいには最悪の手段として日本語を思い浮かべて英英語に訳さなくてはなりません。

それはあくまでも最後の手段ですから意図的に練習すべきではありません。その倍でも類似の文章を思い起こすとか、知っているフレーズを組み合わせる方が賢明です。

母国語が何となく自然に話してしまったように感じますが、実は世界中のだれでもこれに数年以上の時間をかけています。しかもこの時期は周りの人は非常に寛大にそして愛情を持って何度も話す練習の相手をしてくれます。大人がこれをする練習は大変につまらないものですが避けられません。話すことが出来ない大人の相手をするのは大変苦痛なことで金に糸目をつけないで英語ネイティブを有料で雇っても幼児のようには接してもらえません。もし初期の英会話学習でそのプロセスが無い場合であればその学習方法に疑問を持つべきです。良く英会話の教材で新しい方法ができたため反復練習しなくても英会話が自然に身に付くような宣伝をしているものがありますがそんなものはあり得ません。

私は1年間くらいインターネットで英語をどう覚えたかの経験談をいろいろ読みましたが全ての人が多かれ少なかれ話す努力をして英語を身に付けています。だれ一人特殊な機械とか特殊な方法により短時間でマスターした人は一人もいませんでした。コンピュータや電卓の時代になっても掛け算九九を丸覚えすることは少しも変わっていません。

言葉を話すのは掛け算九九と同じで、頭で考えないで言葉がでなければなりません。英語を話すのは自分の音として発音できる文章を思い出し、覚えているそのままあるいは多少の単語の置き換えや、文の結合で話しているのです。文章を書くように創作できるほどの余裕はありません。自分が音として出せる文章の範囲内でしか話せないのです。そうであれば新しい文章をどんどん覚えるのではなくてとにかく音で言える文章を音で覚えることが重要です。

ですから最初はほんのわずかしか話せません。しかしある程度の数の文章を覚えると単語の置き換えだけでなく、文章を一部変えたり、文章を結合したりしてかなりのバリエーションが作れるようになります。文章をたくさん覚えていくと文章の聞き取りが容易になりますので聞いて覚えることが可能になりますその文章がバリエーションを作りさらに話せる文章が増えます。母国語はこのような状態になっているので新しい表現をどんどん吸収できます。英語聞いて直ぐに発音ができるようになれば会話の表現は急速に増えます。

私の経験からでは英語がある程度話せるようになってからは急速に英語がうまくなっています。多くの英語習得者は英語の習熟レベルは比例的な直線ではなく放物線をひっくり返したような曲線を描くと言っています。このレベルに達すれば多読しても多く聞きしても多く会話してもどんどん吸収できます。このように吸収できない状態で多読、多聞しても時間のむだで効率の良い勉強になりません。たくさんの英語が正しく発音できれば新しい表現でもネイティブのお手本無しでも正しい発音ができるようになります。新しい単語に関しては生の正しい音を聞いておく必要があるかも知れません。英語がかなりできる人でも紙の辞書の発音記号だけではなかなか生の音をつかめません。

より良き方法を探すのであればその反復練習をする場合には自分がどの方法が合っているかで選ぶべきです。楽しみが生まれる方法がベストです。同質のものを大量にこなすためには科学的でしかも自分が継続してできる方法が最適です。母国語を覚える場合はちょうど言葉を覚え始めたころに当たりますが母親や父親を始め周りの人が付き合ってくれます。しかし外国語の場合ですとこれに付き合ってくれる人はいません。外国に行っても状況は変わりません。ただ外国に行くと環境が強制的に英語を話すように仕向けてくれることが多くなります。

しかしこれは自発的な学習とは別のものです。仮に金を払って付き合ってもらっても結局先生の時間と熱意に左右されてしまいます。英会話学習初期の大量の反復練習は自分でできる方法が賢明です。

初期の段階では正しい練習方法さえ選んでいれば先生は付いている必要はありません。理想的には正しい練習方法が正しく行われているか時々チェックをしてもらえ理想的です。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved