英語の音の切り出しと聞き取りの特徴

東京学芸大学の関口貴裕氏の研究によるとサウンドスペクトログラムで英語の発話を分析すると音の切れ目のないかたまりであると言うのです。/Can I help you? /を分析すると一つの音の連続であり、あえて切れ目があるとすればCaとn、そしてlとpの間になるそうです。単語を一つずつ聞きとろうとする日本人には驚きの事実です。単語を切り出す場合にも英語ではストレス(強調)を手掛かりにしていると言うのです。

日本語訛りの英語のようにイントネーションの少ない英語は聞き取りにくい訳です。ここで言うストレスは和英辞書で言うアクセントではありません。母音にアクセントを付けるのは日本の字典の特殊性です。ストレスとは強調ですが英英字典にはストレスを高めるためにアクセントとは違う位置に印が付いています。強調するためにはそのエネルギーが必要です。そのストレスを与えるためのエネルギーを貯めるのが子音なのです。発音をする時にはなるべくこのストレスをはっきりとする発音を心掛けるべきです。細かい子音の発音よりはこのストレスの方がずっと重要になります。

日本語はモーラと呼ばれる拍で切り分けています。英語を聞くときにも話すときにもリズム意識して聞いたり話したりする必要があります。切り出された音は常に予測をして全体の意味が認識がされているようです。相手が予測しているのであればなるべく予測しやすい形で発音することは必要不可欠になります。言葉は最終的には話すより聞く事が難しくなりますのでなるべく聞く人への配慮は非常に大事です。

オランダのマックスプランク心理言語学研究所のアン・カトラー氏の研究では母語においては、単語や文章の冒頭の音を聞いた瞬間にその音で始まるすべての単語がリストアップされると言います。では外国語を聞いた時はどうなるか言えば、同じように同じ音で始まる母語での単語や文章だと言います。でも私はこれはオランダ語と英語の音が近いから母語がでてくるのではないかと思っています。

またCutler氏は音の聞き取りの手掛かりとして単語のストレス(強勢)に注目をしています。ストレスとは語中のある音節が強く、高く、長く、明瞭に発音されることを言います。Cutler氏は英語話者がストレスのおかれた音節を検出して、それを単語の始まりとして解釈しているという仮説を提唱しています。
実際に彼は、

conDUCT asCENTS upHILL (大文字はストレスの音節)を小さな音量で英語話者に聞かせると,
the DOCtor SENDS her BILL のように聞き間違えることが多いというデータを報告しています。

このことはまさに、英語話者は音素を聞いて音の並びから音の意味を理解しているでなく、音の特徴のある部分を聞いて単語や文章と照合しているのです。もし音素を並べて認識しているなら音素の並びに近い音に聞き違えるはずです。

東後勝明氏の「聞ける英語、話せる英語」の中で英国の音声学者が「I am glad to see you.」の母音を全てあいまい母音に置き換えても70%くらいの認識ができたので、全部の音を照合している訳でないと断言しています。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved