英語の映画を1,000本見たら

TOEICの高得点者、英検1級取得者でさえ、「映画が聞き取れない」と嘆くことが多いと言います。また、海外に長期滞在している方でも映画のリスニングは半分も理解出来ないと聞きます。それなら洋画をたくさんみたらどうなるのしょうか。

SAIさんという方が英語の発音練習の体験レポートで洋画をたくさん見る学習方法について、リスニングにどう効果が上がるのかを次のように説明しています。これを実現するためにはかなりの情熱が必要でなかなか経験できるものではありません。ぜひ英会話学習の参考にしてください。

映画を見る前に、彼の学習歴はかれこれ10年くらいありました。高校1年時に英語に目覚めて、大学時代はESSのディスカッションチーフとして活躍し、その後も数多くの指導者に教えを請いました。大学院時代にはどうしても洋画を聞き取りたいという思いから「英語の世界エルハザード」というゲーム感覚で学習する風変わりなサイトを1998年から2001年まで約3年間オープンしました。

彼の学習法は、ひたすら洋画と海外ドラマを見ると言うものでした。スクリプトでのチェックもしました。彼のサイトは登録制で100人近く登録者がいました。オープン時にTOEICのスコアが700点台だった人のほとんどが、閉鎖直前には900点以上・英検1級を持っていました。これだけ効果が出る学習はなかなかないと思います。

1年目はTOEIC755−850でした。サイトをオープンして半年後に、TOEICを受けましたが初回から755点でした。前日に解答を見ながら問題を見るだけでしたので、通常の学習よりは速く英語力がついていたのだと思います。その半年後にTOEICをもう一度受験しました。今度は850点と100点近く伸びました。半年で100点近く伸びるのはそう簡単なことではありません。しかし、彼は求める英語(洋画を聞き取る)はTOEICにはなかったと思い、それ以来2年半、TOEICは受験していません。全くお手上げだった洋画が5割くらいまで聞けるようになりました。最初の1年間はリスニングが急激に伸びました。この頃はリスニングが楽しくて、たまらなかったようです。

2年目は洋画が5割〜7割まで聞けるようになりました。Ally Mcbealという海外ドラマであれば、7割以上分かるようになりました。また、ビバリーヒルズのブランドンの会話がようやく聞き取れるようになりました。それまではモゴモゴ言っていただけだったのに、はっきり英語として聞こえるのです。しかし、残念なことにこの学習法ではこのあたりで頭打ちになってしまいます。

3年目は最後の1年間、実力がほとんど変わりませんでした。しかし、Ally Mcbealは毎週見ていたので、かなり聞けるようになっていました。これは、口語表現をたくさん覚えたから聞けるようになったようです。同じドラマを見続けると、背景知識や表現などからいろいろな英語が聞けてしまいます。洋画・海外ドラマは3年間で300本以上見たそうですが、実際にはこれらのうちのいくつかはテープに録音して、何度も繰り返しリスニングしていたので結局、延べ本数では1000本を超えるそうです。何と1日1本見ていた計算になります。

しかしこのレベルになると他の洋画を見ても聞き取りレベルはあまり変わっていないことに気付きました。この頃は、口語表現をたくさん覚えていましたので、映画のリスニングは伸びます。

しかし、前置詞や助動詞などの細かいリスニングになるとお手上げです。サイトはいくつかの雑誌で紹介されるまで成長しましたが、10万アクセスを超えたところで閉鎖しました。リスニングはこれ以上学習しても伸びないと思ったからです。ひたすら英語をインプットする方法でも、その位までは上達できるのです。資格を取りたいのであればそれでもいいと思います。

彼のサイトはいくつかの雑誌で紹介されるまで成長しましたが、10万アクセスを超えたところで閉鎖しました。洋画のスクリプトを研究すると、単語はそれほど難しくありません。これにはイディオムや句動詞などが含まれるので、意味は分からないかもしれません。

しかし、単語レベルでは9割以上聞き取れるはずなのに、会話になるとある程度のレベルまでしか理解ができなかったのです。そして終にリスニングはこれ以上学習しても伸びないと判断したようです。この閉塞感は彼だけのものでなく、ほとんどの人が彼と共通の悩みを持っており、何か根本的なところで間違っていると思ったそうです。

私は洋画を数千本見たのではありませんが、ネイティブの英語なるべくラジオやテレビを通じて膨大な時間をかけて聞く練習をしまいしたが、やはり彼と同じ経験をしております。私もひたすらに聞く事は決して効率のよい英会話学習でないと実感しております。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved