英語の語彙力をつけるための最善策

それぞれの言語には幾つの語彙があるのでしょうか。実際には誰も幾つあるか分かりません。昆虫だけでも名前のある種だけでも100万種くらいあるそうです。有機化学の名前なども含めると、一つの言語には数千万の語彙があるだろうと言われています。我々人間はそれぞれが必要な数だけのわずかな語彙を使っているに過ぎないのです。

このような無数にある語彙の語彙力というのは英語を音や文字として駆使する場合に比例的に向上するものです。もし語彙を増やすことに楽しみを感じているなら話は別ですがもし英語力を高めるためであれば語彙力だけを増やすのはあまり効果的でありません。語彙を増やすのは運動選手が筋トレするのとは意味が違います。人間の筋肉は限られていますので、筋トレであるスポーツに必要な筋肉を鍛える事は可能です。英語の場合には単語数は無限に近いのです。一説のよると一つの言語には有機化学などの単語も加えると数百万語あるようで、音でも文字でも所詮足りない語彙をやりくりするのが言語です。だから語彙力不足の問題は一生かけて取り組むもので、ある試験への対策は別として単独で短期的に解決できません。

母語である日本語はどうでしょうか。日本語でも知っている語彙数はそれぞれ違うと思いますしかなりの差があると思います。しかし日本語の語彙を幾つ知っているか気にした事があるでしょうか。語彙数は第二言語よりは第一言語の方が重要なはずです。我々は意味が分からなくて必要がある時は辞書を使うかもしれませんがだからと言ってそれほど不自由していないと思います。日本語でも分からない時に辞書を引くくらいで、多分意味を知るために毎日辞書を使う人は特殊の仕事の人だと思います。でも辞書をみればかなり自分の知らない単語が多くあります。不自由を感じないのは例え知らない単語でも多くの場合は予測が付く場合が多いからです。使われ方をみれば多くの場合にそれで理解できてしまう場合が多いのです。

英語の語彙の不足を感じるのは聞き取りの場合です。私は通訳と言う仕事をしていましたが分からない単語が明確に分かるようになれば、当面の目標はクリアーできていると思います。語彙不足より問題なのは何が分からないかの方が問題です。英語の場合に聞いて理解できない場合に特定の単語が聞き取れないならその単語の意味を聞けば良いのです。通訳は分からない単語は聞けませんので差し障りの無い程度に意味を類推しながら済ませます。しかしどの単語が分からないか明確になれば、かなりの予測をつける事も可能です。

通訳の仕事ではそのアサインメントに合わせて業界用語みたいのがありますの、その都度付け焼刃的に覚えてしまいます。その仕事が終わると使わないので、特別何か関連の無い単語はほとんどは忘れてしまいます。通訳でも多くの語彙を覚えて何事にも対応できるようにしているのでなく、必要に応じて足したり、自然に減らしたりしているのです。

語彙力と言うのは聞く力、話す力(または読む力と作文する力)と共につけるべきもので、話す力と聞く力が向上すれば付帯的に強化されるものです。聞いて分からない単語は知る必要がありますが、これから聞くかどうか分からない単語を覚える必要はありません。どうせ忘れるからです。語彙数は運動選手の筋肉に当たるものです。運動選手が筋トレをする場合でも必要な筋肉を鍛えるのであってむやみな筋トレはしないのです。私は英語文化圏で日本語を2年まったく使わない時期があり、そして日本を話そうとすると非常に日本語が出難かった事を鮮明に覚えています。英語もままならぬのに日本語ができなるのは非常にショックでしたが、使わないと母語でさえ出難くなるのです。語彙とは筋肉みたいなもので使わなければ減っていきます。筋肉だけを見せたいのであれば別として、そうでなければ筋肉を筋トレで付けても使わなければいずれは減っていきます。

英語力を付けなければ語彙だけを覚えるのは無意味に近いのです。英語であれば更に記憶のレベルが低いので忘れて度合いが速いのです。語彙数とは数十年英語勉強しても語彙が足らないと感じ、人間の欲望と同じで足りる語彙数など存在しません。意欲ある人は常に語彙不足を感じるものです。聞く力がつけば話す力と共に加速度的に語彙数は増えていきます。話そうとする意欲、聞こうとする意欲が語彙を必要とするからです。人間の誰も3才から5才くらいの間にその経験をします。語彙だけは増やしても直ぐに記憶から消えます。最悪の場合には語彙の不足は電子媒体でも十分まかなえる事が多くあり、手っ取り早い方法です。語彙の整理、記憶、検索は電子媒体が一番優れています。

単語の語源や単語の感覚とかコアを理解して単語を覚える方法もありますが、単語は用法と共に使われている文章やシチュエーションを覚えるべきで、語源や感覚を理解する必要はありません。日本語の多くの言葉にも語源はあり、それを知る事は面白いのですが現実的には知らなくても使う事ができます。全ての単語の語源を調べている時間などはないために、我々は使える用語を増やしています。

日本語でもほとんどの用語は辞書で引いた事も無く、語源も知らず、感覚も知らないまま単語を使っています。それらの情報は知っていれば便利と言う程度でわざわざ時間を割いてすべき学習内容ではありません。英語でも使える単語を増やすべきで、一つ一つの単語の背景をあまり知る必要はありません。現実的にはどうしても知りたい単語を辞書で引くくらいで一つ一つの単語を辞書で引き詳細な定義知らなくても十分に使えているのです。

語源と定義を知ることが悪いとは思いませんが、より多くの英語を聞いたり覚えたりすれば現実的には語彙学習の時間はあまり取れません。知らない単語でも問題無く意味が解釈できれば辞書を見る必要はありません。辞書のすべての説明がある訳でも、辞書の説明が必ずしも正しいのではありません。辞書に無くても実際に使われているなら、その事実の方が正しいのです。何でも知っている事は良い事ですが、言語を話すためには覚えることがたくさんあり時間の余裕があるなら使える単語や聞き取れる単語を増やすべきだと思います。日本語の用語も辞書からその意味を理解したのではなく、用語の使われ方で意味が理解できるのがほとんどでないかと思います。日本語でも特別な場合を除き、語彙だけの学習はしないと思います。

試験対策でない限り、語彙は自分の必要な分野の必要数の単語を覚え、自分が通常に英語を運用するために使う語彙を必要に応じて逐次増やすと言うのが懸命な考えだと思います。英語を運用している場合には知らない単語でも大よその推測が利き、どうしても分からない単語は直ぐに辞書で引くようにします。特に気になる単語は辞書を参照しますが、気にならない単語は引く必要がありません。気にならない単語はすでに意味がほぼ把握されている場合か、あまり拘らなくても良い単語で、忘れ易い単語です。しかしこの気になる単語は以前にも聞いた事があるとか、かなりの重要な役割の単語ですから直ぐに引いて意味を完全に把握します。

このような単語は時間が経過しても忘れないものです。このように覚えた単語は長期記憶に保存される場合が多く、いつまでも記憶できます。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved