イングリッシュモンスターの勉強法
引きこもり期間7年間に英語を勉強をして、TOEIC990点23回取り続けた男がいます。

グローバル企業が「社内英語公用化」を打ち出し「英語は苦手だから…」なんて言ってられません。これまで海外渡航経験はなく、1993年から7年間、引きこもり生活に入り、英語をひたすら勉強し続けた結果、現在ではTOEIC990点満点を23回連続で取り続けました。これはイングリッシュ・モンスターという異名を取る彼の「独自の勉強法」です。

「引きこもり期間、1日12時間は勉強していました。英語の勉強を始めたとき、発音は決定的なギャップがあるので難しいけど、読むことなら100%バイリンガルになれるんじゃないかと思ったんです」

具体的にはどうやって英語を覚えていったのかというと、鉄板はやはり「繰り返し覚える」ということ。単語カードに覚えたい単語を書いて、英語から日本語、日本語から英語と覚えるまで読む。何日か後、再び見ると僕の場合、きれいさっぱり忘れていて『自分はなんてバカなんだ!』と頭をかきむしりながら繰り返す。それでまたしばらく放っておいて…と、その繰り返しですね。

そして覚えにくい言葉とその同義語の単語帳を作り、語彙を広げる工夫もしたという。また、ヒアリング、スピーキングに関しても、ひたすら「繰り返して聞く」、そして「同じ発音になるまで繰り返し発音してみる」ことを繰り返したという。ちなみに、そのときはカラの麺カップでお手製の発音トレーニングギアを作り、自分の発音を何度も聞き直したとか。

「万人向けの英語上達コースなんて、そんなものはないんです。流暢に会話ができればいいのか、発音は下手でも読み書きはパーフェクトにできる英語を身につけたいのか。人それぞれめざす英語は違うわけだから、自分なりに工夫すればいいんです」

彼は「英語を話したい」という強烈なモチベーションがあれば、必ず英語はできるようになるといます。

この勉強方が優れていることは次の点です。

1.同じ発音になるように「繰り返し覚える」ということ。
2.「単語カードに覚えたい単語を書いて覚える。
3.ヒアリング、スピーキングに関しても、ひたすら「繰り返す」。
4.自分の発音を何度も聞いて覚える。

しかし、次の点は注意すべき事です。

英語の音声の捉え方を明確にしないで、単なる繰り返しは、本当の意味での効果的な学習でありません。まあ、力任せの勉強法と言うべきです。

そしてTOEIC990点満点を23回連続で取り続けると言うのは単なるその回数を競うだけの英語勉強であり、英語の勉強の本質的な部分を忘れています。このまま後50回、100回と取り続けるのでしょうか。

試験と言うのは傾向があり、その対策があります。ある試験に関して言えば過去5年くらい前の問題をやることにより、かなり自動的に点を取れる準備ができます。すると英語の能力でなく、試験への準備能力であり本当の英語の力ではありません。

特に社会人が英語を学ぶのは点数を取るのが目的でなく、英語を使ってコミュニケーションする事が目的です。英語を使うのが面白いから英語学ぶと言うのが英語学習の基本です。

TOEICの高得点者だから、満点だから英語が自由に駆使できる訳でありません。TOEIC990点23回取り続けたと言っても英語の会話や対話にはまだ苦労されると思います。

私はなぜTOEIC990点もとって試験を受け続けるのかが理解できません。その回数を自慢したい気持ちは分かりますが、それがモンスター氏への何になるのでしょうか。

英語の能力と言うのは他人に自慢すべきものでありません。もちろん自慢できる方は大いに結構ですが、実際に現場で英語を使う楽しさ知って始めて英語学習の醍醐味があると思います。

日本ではどうしてもこのような英語の資格試験のための英語学習者がおり、英語学習の本質を誤っております。彼は海外に行ったことがない事を自慢しておりますが、海外に行って自分の勉強した英語を実際に現地で使ってみる事こそ大事だと思っています。

英語の学習と言うのは英語を話したり、映画やテレビやDVDを見たり、文字英語の場合であれば新聞を読んだりして楽しむのが目的です。

その英語能力をいかなる試験でも計る事は不可能です。自分で自分の英語能力を判断して勉強するしかありません。

もし、英語をやるなら英語の映画を楽しむとか、英語で話す事を楽しむとか、DVDを楽しむとか英語を媒体として楽しむ事ができると英語の学習は以前にも増して楽しくなります。
HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved