日本語を基本に英語の発音を知る

英語学習でよく犯す誤りが英語の発音でネイティブの発音を聞いて真似る事です。臨界期前のように、そっくり真似ることができるならそれに越した事はありません。しかし臨界期を過ぎると聞いただけで真似る事はほぼ不可能になり、それは医学的にもその理由が分かっています。この方法でも練習を積めば発音はある程度までは良くなりますが、自然な発音方法でないため発音のし難さが残っておりこれが英語の聞き取りや、記憶に関係してきます。不自然な発音をしているために余分な動きが多くその結果、英語の発音を学ぶために覚える時間がより多くかかります。英語を聞いていてこの人は絶対に日本人だと聞いて分かる人が多くいます。日本語なまりは日本人らしくて決して悪いものではありませんが多くの表現を覚えなくてならない言語では大変効率が悪い事になってしまいます。

臨界期を過ぎた人はすでに母国語が話せるのでその母語である日本語をベースに考えるべきです。臨界期前の子供は音を聞いて真似ができますが、大人はそれができません。しかし正しく話せる母国語があります。日本語と比べてどう違うのかを理解します。自分の話す言葉は実は無意識に話しているのでどうしているのかあまり分かっていません。我々日本人は英語を話すときはどうしてもこの日本語の訛りが無意識にでてしまいます。英語を話すときに邪魔をする日本語の訛りを退治すればそれだけでかなり自然に近い発音になるはずです。

すると最初からネイティブの音を真似るよりはまず、自分に日本語の癖をとることを優先します。次に英語らしさを身に付ける事です。これをする事により、自然な英語に近づく事もありますが、英語の音の特徴で中で何が大事かが理解できます。ネイティブの音声には全ての要素が入っているのですが、臨界期を過ぎるとその要素を聞き取れなくなります。真似したくても何を真似て良いか分からないのです。だからどちらかと言えば、分かり易い日本語の癖を取り除くと、そこからはかなり自然な音が身近になります。私の体験からでは自然な英語を目指すのであれば、この母語の干渉の矯正は英語発音学習の半分近くになると思っています。

日本語訛りで話していてもまったく聞き取りが上達しない訳ではありません。発音が日本語訛りでも訓練でヒアリング能力は高まります。私の経験から発音が日本語訛りでも大量に聞けば効率は悪いのですがある程度は理解できるようになります。英語は全部の音を聞けなくても推測する力が付いてくるからです。

しかし音の特徴を捉えるトレーニングをすると日本語には少ない子音だけの細かい音まで聞き取れます。英語は全部の音を聞かなくて推測により判断できますが、なるべく多く聞き取れた方がずっと楽に聞け、更に推測も少なくなりまりので余裕を持って聞けると思います。勘に頼る聞き取りは気が抜けないので大変疲れます。日本語は音素が少ないだけでなく有声音だけですが、英語には無声音が多く含まれます。英語では音の無い息だけの音を聞く必要があり、これらは日本語にはあまりない存在しないので日本人には苦手の音です。これらの無い音を捉えるためには、音をストリームとして捉える事により、ない音も聴覚の錯覚でかなり明瞭に聞こえます。

それ以上に英語では文章の一部の音が変化するのも日本人を悩ませます。英語には発音はしているつもりでいるけど聞こえない音、発音すらされないで欠落してしまう音、前の音と次の音がつながっていて、音のストリーム状であるため違う音に聞こえたり、音が変わって聞こえたりする音があります。日本語を習った人には考えられないような変幻自在な音をどう捉え、練習するかが英語の発音とリスニングに重要な要素です。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved