英語の発音を文字で記述すのは不可能

例えば日本語の「パンダ」の発音を文字で記述しようとすれば次のような非常に長い説明になります。

幼時の早い時期に習得される[p]音の発音では、口唇を閉鎖し、軟口蓋を挙上し、舌を下顎につけておき、肺からの呼気を口腔にとどめておきます。一気に口唇を開いて、呼気を破裂させます。

子音の[p]の一つの音を発音するだけで、これだけの協調運動をしています。

日本語は子音と母音の組合せでできています。

子音の[p]音につづけて、有声音の母音[a]音をつけると、[pa]音になります。[a]の音は口を自然に大きく開け、肺からの呼気を強くしながら声帯を振動させ、鼻腔に呼気を通さぬようにして音を出します。さきの[pa]音に続けて、舌先は上歯茎と接触し、口腔を閉鎖し、軟口蓋を下げ、鼻腔への通路をあけます。呼気を鼻腔に通し、声帯を振動させ[n]を発音します。軟口蓋をあげ鼻腔をふさぎ舌先を上歯茎にあてて、口腔を閉鎖します。肺からの呼気をとどめておき、いっきに破裂させ、声帯を振動させます。母音の[a]をつづけて[da]音になります。

動物の「パンダ」と言うだけで、これだけの協調運動をしています。各器官の動きが少しずれると、誤った発音になります。

こんなに丁寧に説明していますが、これでも記述は十分でありません。個々の各器官の調整は実際にはコンマ何ミリメートル単位が必要です。また口の中は3次元になっていますのでその中にどのようなスペースを作るとかはまったく記述されていません。最大の欠陥は呼気を吐く場合にどれくらいの強さが必要かはまったく記述されていません。これだけ詳細な説明があっても耳で聞いて調整しなければとても聞き分けられる音にはなりません。

英語では次のようになります。例えば英語では音が続けられて発音されるために子音が連続すると発音記号では同じ音なのにそれぞれ違った音になります。日本語では必ず母音が間に入るためこのようなことはありません。

例えば次のケースです。

He stops Bill.
I stop Bill.
I stopped Bill.

上記の stops / stop / stoppedのそれぞれ含まれる/p/の発音はすべて違います。まず、stops は/ps/のところは息を強く、鋭く吐き出して、p と s の音をそれぞれはっきりと発音します。しかし、I stop Bill.では、破裂音/p/の直後に破裂音/b/が来て、「破裂音+破裂音」の連続になりますから、前の方の破裂音は「破裂の構えをして、黙っているだけ」で処理されます。すなわち、stoまで発音した直後に唇を合わせ、声と息を遮断し、一瞬無音状態を作り、その直後に/b/の音を破裂させて Bill と言います。

さらに、stopped Billでは/ptb/という「破裂音+破裂音+破裂音」の連続になります。この場合は「破裂音の構えで音と息を遮断する→そのままの状態で無音を継続する→三番目の破裂音を発音する」という流れで処理されます。I sto まで言った後に、唇を閉じて、音と息を絶ち、さらに/ed/のところの[t]の音は完全に消滅し、「唇を閉じた無音状態」に置き換えられてしまい、その無音状態が作る一瞬の沈黙の後にBill という発音が続きます。

発音の調音を文字で説明をすればこのようになります。音の記述ではほぼ正しいのですが、記述しているのは音を作る調音点の説明でしかありません。発音するためにはその他に舌の形状とか口のスペースの保持に仕方とか、息を吐くタイミングや強さは非常に重要ですが、まったく記述はありません。無いと言うよりは記述するのは無理なのです。

発音を正しく調整するためには母国語も第二言語も調整方法は同じだと思います。母国語の場合は臨界期以前ですので聞いただけで完全な音を出す事ができます。しかし外国語の場合は音を聞いただけで分からない場合は大よその発音方法を知る事は有効です。たとえばLの音であれば舌先が歯茎に着くくらいの事が分かればどのくらい、どうやって着けるかは音を聞いて判断する方法が正しい音になります。どのような発音方法を身に着けても最終的には自分の耳で正しい調音方法を調整している事になります。

音声は記述するのが大変難しいのですが、更に問題は人間の発音器官は簡単に意識的には動かないのです。それは発声器官は日本語でも無意識に動く場合が多く、もし発音を良くするのであれば無意識で動くようにしなければなりません。意識的に動かし難い筋肉を無意識で動くようにするためにはある程度つまり数週間とか数ヶ月との練習は絶対に必要になります。ある本を読んだとか、ある人に教えられて急に発音が良くなる事は考えられません。無意識で動くような練習は誰にでも必要だからです。

このような理由から発音の方法を読んでも全ての説明ができるわけでありません。音を出す舌や口の動きを説明するだけですから、英語の音声の全体の50%も記述できないかも知れません。特に大事な部分は音の繋がりですが、音の連続性に関しては文字を使って記述する事は非常に難しい事です。息の繋がりにより横隔膜から、喉、舌、口の連携が生まれますが音声の記述ではほとんど記述されていないのです。調音音声学とは音を分類するための学問であり、発音を良くしようと言う意図はほとんどありません。

英語の発音において音声学的は大変重要ですが、現在のように音の記述だけを重視する音声学では不十分で間違った学習をしてしまいます。相対音感の現代言語であれば音の変化が重要になりますので、どう音をつなげていくかを重視すべきです。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved