日本人の英語発音の弱点

サミットなどで有名な同時通訳者の村松増美氏は対談や本の中で次のように言っています。「英語は、流暢に喋ろうと思う必要はありません。話の中味がおもしろければ、ちょっと発音が下手なほうが愛嬌はあります。実は私は、人の注意を惹きつけようと思うとき、わざと下手な英語で喋るんです。アイ・スピーク・イングリッシュ・ウィズ・ジャパニーズ・ アクセントなどと、ゆっくりハッキリ言うと、みんなワーッと湧いて、それでくっついてきます。あまりうますぎると、かわい気がないんですって。だから、いまからあまり英語がうまくならないでいいですよ。そして発音なんか日本語訛りでも十分、面白いことを話す奴だ、と思ってもらえれば、会話は成り立ちます。」

この発言は笑わせるネタとして良いのかもしれませんが、英語学習における発音の重要性を理解していません。英語を話す場合に、英語を覚える場合に、発音と言うのは非常に重要な役割を果たしております。また極端な表現をすれば人格や品位までが発音に出てしまいます。それは学習の正確性や効率化を考えた場合にも、発音は相手に意思を伝えるにしても、伝えるべき内容を覚えるにしても、発音がすべてと言っても過言ではありません。それは相手の意見を聞くことも大事ですが、それに対応して反応するのは英会話では体の表現を借りる場合もありますが音声しかありません。すると英語の発音は英語学習の効果を高めるためにも、話す人の品格を高める場合にも極めて重要な役割を持っています。

英語では発音が大事ですが日本語でも同じように発音は大事です。日本語の発音が気になる場合に矯正をどのようにしているのでしょうか。我々が言葉を話す時は常に自分のフィードバックを耳で聞きながら音の調整をして正しい発音をしています。しかし正しく発音ができない人もおり東京音調教育研究会ではそのような人々の発音矯正を行っています。特に体に障害がないのに正しい発音ができない人を機能性講音障害とよんで発音を矯正しています。多くの場合リアルタイム自己聴覚モニターのひずみが原因だそうです。なぜそのひずみが出るかと言うと目標とするターゲット音が違うか、自分の発生した音の評価ができずに正しい音に調整できないため、結果としておかしな発音になります。日本人の発音が悪いのは目標とする音ができないのでなく、自分の出した音の評価の判断が弱い人がほとんどです。

リアルタイム自己聴覚モニターというのは話しながら発音を聞いて音を調整することです。場合は具体的に舌の位置などを教えて先生がその評価をしながら発音を矯正していきます。この機能性講音障害の場合は話す人が自分の音を聞いて正しい音の作り方を判断できないため、音の作り方の指導とそれができたかどうかの判断を教えます。日本人の発音の悪いのは自分の発音が良くないと思っていても、どうすれば良くなるかその方法が分からない人です。英語の発音矯正は機能性講音障害の場合とまったく違います。

ここの研究所では地方の訛りをとる矯正もしています。面白いのはこの矯正方法は機能性講音障害とは違う方法をとっています。特に音感と発音のコツをつかむのが大事だと言っています。臨界期を過ぎても音感とコツを掴めば数十回のレッスンで地方の訛りを矯正できるそうです。我々が英語の発音を矯正する場合はどうでしょうか。英語の発音を良くしたい人は、正しい日本語が話せるのですから、リアルタイムの自己聴覚モニターのひずみを持っている人はほとんどいないと思います。どちらかと言えば音に敏感な人が多いと思います。英語の発音の学習で音感を磨くことは非常に大事です。

しかし現在、英語発音の教材は日本語の機能性発音障害の場合と同じような教え方をしているものが多く見受けられます。英語の学習者は機能性発音障害により、発音が上手でないのですから、その音の作り方がまったく分からない場合を除き、特に音素などの練習をする必要は無いと思われます。どこを注意して聞いて発音するかを学べば自分で聞いて判断ができるようになります。英語の発音はクリアーであればクリアーな程良いのではありません。英語をクリアーにしようとすると発音し難くなるのです。

目指すのは聞き取れる程度の話し易い英語です。ウエイトは発音し易さにあります。我々が日本語を話すときは相手が聞き易いように話すでしょうか。普通は自分の話し易い調子で話しているはずです。実際の英会話でも発音教育教材のようにあれ程不自然な発音をしないのです。通常の会話で音素教材のように発音したら変な英語に聞こえます。テレビやラジオのアナウンサーはニュースを読むときには明瞭に発音しますが普通の会話ではニュース読みの話し方は絶対にしません。我々の習うべき発音はアナウンサーのニュースを読みではなく普通の話し方です。アナウンサーは発音の練習をしても通常の会話ではそれを使わないのです。英語でも理解される範囲内であればできるだけ発音し易い話し方が理想的です。

上記研究所で日本語の成人の機能性構音障害に無効な方法として、呼吸法練習、腹筋強化訓練、横隔膜強化訓練、顔面筋運動訓練、舌筋強化訓練、唇筋運動訓練、ストローなどで息を吹く練習、舌の形を自在に変える練習、うがいの練習、正しい音を聴いて真似る練習、大きく口を開けて発音する、身体を動かしながら発音する、大きな声で発音する、丁寧に区切って発音する、口を極端に動かして発音する、たくさんの文章を読む、早口言葉・滑舌練習をする、正しく言えるようになるまで繰り返し練習する、催眠術で自信を付ける等を上げています。これらのあまり効果的でない発音練習方法は英語の発音練習に非常の似ていると思います。

HOME|最適性理論とは|教材オンラインショップ|特定商取引法の記載|個人情報保護方針|お問い合わせ
Copyright(C) 2011 最適性理論で英語学習 All Rights Reserved