Warning: Use of undefined constant ‘RELOCATE’ - assumed '‘RELOCATE’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sakuraikei/eikaiwanopl.jp/public_html/wp-config.php on line 86
英語のリスニング | ネイティブ英語のリスニング

HOME

英語のリスニング

次の動画は世界中を驚かせた英語の音声とリスニングの事実です。

Do You Hear "Yanny" or "Laurel"? (SOLVED with SCIENCE)

これは“Laurel vs. Yanny”“Laurel 派か Yanny派”と呼ばれ、ユーチューブだけでなく同時に他のSNSでも大騒動になり、それがテレビのニュースとして大々的に報道されました。その理由は英語のネイティブの発音したLaurelがある人にはYannyに聞こえると言うものです。

どのような理由で発音とリスニングでこのような不思議な事が起こるのでしょうか。

科学的には次のような説明がされています。

プライミングにより慣れている音に聞きとれる場合が多いと言う事です。

そしてLaurel と Yanny音の全体的な音響の特徴が非常に似ていると言うのです。

実際に速度を遅くするとYannyに聞こえ、速度を速くするとLaurelに聞こえるようです。

これは音声の周波数の高い部分をより多く聞くとYannyに聞こえ、周波数の低い部分を多く聞くとLaurelに聞こえるようです。

英語のリスニングでは記憶にあると音と聞いた音の特徴の照合です。音の感知と音の認知は人により違うのです。

発音とリスニングでは発音記号のような個別の音よりは、全体的な音の特徴が大事になります。

もちろん、これは英語だけでなく、日本語で起きています。

人によって全く聞こえ方が違う音が存在した

日本語の場合「撮ったかのかよ」が「エイアイアイ」に聞こえると言うものです。この場合も高周波の音に敏感な人が「エイアイアイ」に聞こえるようです。

音の特徴の照合

英語話者が次の日本語を聞くと、

「掘った芋を穿るな。」

英語話者には次のように聞こえると言います。

What time is it now?

この場合も音素ベースで10%も合致しませんが、2つの音声は全体的な音の特徴が似ているのです。

日本語でも英語でも、言語音に音素(発音記号)が並んでいるならこのような事は起きません。正しい音が並んでいればその正しい音が聞こえるはずです。

しかし、実際には音声には正しい音素が並んでいるのではなく、連続的に変化する音なのです。その音の変化の特徴がLaurelに近い人が記憶にあるLaurelと聞こえます。そして聞いた人がYannyの特徴に近い人が記憶にあるYannyと聞こえるのです。

リスニングとは聞いた音の特徴と、自分の記憶にある音の照合です。実際の音を聞いているのではなく、記憶を想起しているのです。

音素ベースで比較するとほとんど違います。しかし、では何が同じかと言えば音の全体的な特徴が非常に似ているのです。音素よりは全体的な音の特徴が大事になります。

英語ネイティブの47%がYannyに聞こえてしまうのですから、Lの発音などはあまり重要でない事が証明できます。

上記の2つの動画を見れば如何に発音やリスニングで音素(発音記号)は重要でないことが分かります。

もちろん英語脳を持った人がネイティブの発音をLaurelと聞いたり、Yannyと聞いたりするのですから、英語を理解するには英語脳はまったく関係ない事も分かります。

音声は音のストリーム

次の2つの音声は「あいうえお」と言う音声です。

音素だけを切り取る
音素だけを並べる

通常の音声
通常の音声

上の音は「あいうえお」の母音の音素の部分だけを切り出した加工した音です。下の音は普通に発音をした音声です。

つまり「あいうえお」と音素だけを発音しているつもりですが、実は連続的に変化しております。つまり連続的に変化する音の方が聞き易いのです。

人間が音を感知する時は安定している音素の部分より、次の音に変化する変局点の方を注意して聞いています。

母音でも変化する部分をカットして「あいうえお」の音素だけを並べると聞き取りにくくなります。Laurelの音背性も連続的に変化しているから、Yannyに聞こえてしまいます。

このように考えると英語の発音で音声学のように母音と子音に分けて学ぶのは正しい学び方ではありません。もちろん母音や音素を並べる発音練習は正しくありません。

音が連続的に変化する音のストリームですから、音を連続的に変化させる発音でなければ自然な発音になりません。

発音ができても聞き取れない

英語の本では発音は大事であり、発音できれば聞き取れると言う教師もいます。

しかし、上記の動画で見たように英語の正しい発音のできるネイティブでさえLaurelがYannyに聞こえてしまうのですから、発音ができるから聞き取れると言うのは事実でありません。

ネイティブの47%の人がYannyに聞こえてしまう事実は、英語(言語)には正しい音が並んでいない事を意味しております。

つまりLaurelの音声にはLとかRとかYとかの誰でも聞きとれる音素は並んでいないのです。LとかRとかYが確実に聞き取れるなら、絶対にLaurelがYannyに聞こえる事はないはずです。

理想的なリスニングの練習とは

正しい音素が並んでいない言語の音の聞き取りはどう学ぶのが正しいのでしょうか。英米人や日本人はどうやって英語や日本語のネイティブになったのでしょうか。

日本語も英語も連続的に変化する音のストリームです。その音のストリームはどう学ぶのが最も理想的であり、効果的なのでしょうか。

それは我々が日本語を学んだ、ネイティブを真似て自然な音を覚える事です。そしてフィードバックで矯正と修正をする方法です。英語も日本語もネイティブを真似て、次のネイティブになっているのです。

LaurelとYannyで説明したように、言語の音声に誰もが聞き取れる正しい音が並んでおりません。正しい音が並んでいないの、発音を学ぶ場合には達人(ネイティブ)を真似て、覚える以外に以外に方法がありません。

ディープラーニング

この達人(ネイティブ)を真似て、フィードバックで矯正と修正をする学習方法は人工知能も取り入れているディープラーニングと言う効果的な学び方です。スポーツや芸能もディープラーニングと言えます。

グーグルは2016年人工知能のAlphaGoが達人を真似て、フィードバックで矯正するディープラーニングでチャンピオンに勝ったと報道して世界を驚かせました。

もちろん将棋の人工知能も達人を真似てどんどん達人よりも強くなっています。

なぜ真似る学習方法はそれほど効果的な学習ができるのでしょうか。

特徴を抽出

英語や日本語のネイティブがやっている達人を真似る学習方法は、真似る事により特徴の抽出をしております。その特徴を抽出するために、いろいろ工夫をしてネイティブを真似てトライして、フィードバックで矯正と修正をします。

もし上手く真似ができてない場合は何度でもトライができます。

そして上手く真似ができると、報酬系にドーパミン等を放出され、学習の意欲が高まります。

もし達人にルールや基本の音を学ぶのであれば、達人を超える事ができません。しかし、ディープラーニングは特徴を真似るのですから、その達人さえも超える事は可能です。

そして特徴の抽出ができれば同じ特徴を他の部分にも使う事ができれば、これは転移学習と呼ばれ非常に効果的な学習が可能となります。

英国英語と米国英語

英国英語と米国英語と豪州英語は音素ベースではかなり違います。しかし、同じ英語として十分なコミュニケーションが可能です。

英国英語と米国英語と豪州英語の発音が違っても、実は音のストリームの特徴は似ています。英国英語を話す人でも、米国英語の発音を聞けば音は違っても、全体的な音の特徴が似ているからコミュニケーションが可能です。

すると英国英語を学ぶとか、米国英語を学ぶとかはこの音のストリームの共通の特著をディープラーニングで学んでおけば、大きな問題となりません。

しかし、発音練習では音素ベースの練習ではなく、ネイティブを真似るディープラーニングの学習が大事になります。

リスニング

上のLaurelとYannyで説明しましたが、リスニングは記憶にある音と、聞いた音の特徴を照合しております。Laurelと聞いた場合に中には自分の記憶にあるYannyの音の特徴に似ているとYannyに聞こえます。

ディープラーニングではネイティブを真似る事により、その特徴を真似る事になります。ディープラーニングは何度も何度も練習しますからその全体的な音も、そして発音するっことにより音の特徴も捉えております。

真似るスキルが上達すれば、それからもどんどん新しい発音、新しい表現を覚える事ができます。

発音できるから聞き取れる事はありません。しかし、ネイティブのあの音を覚えているなら、その正しい音の特徴の照合で間違いなく聞き取れます。

ディープラーニングで発音を練習すればリスニングも同時に学習しているので、リスニングの勉強をする必要はありません。

インプットとアウトプットの関係ではない

発音とリスニングではインプットやアウトプットが良く話題になります。しかし、リスニングにはインプットやアウトプットとは直接関係ありません。大事な事はディープラーニングする事、つまり忘れないで覚える事が大事になります。

インプットやアウトプットが少なくても1度で覚える事ができるなら、それが理想の学習です。

ディープラーニングはネイティブを真似て、フィードバックで矯正と修正をします。そして手続き記憶として自動化をして長期記憶に保存します。

つまりディープラーニングの特徴を抽出というプロセスはネイティブのような発音ができるだけでなく、自動化をして学習するプロセスを含んでいるのです。